2つの通貨が存在する キューバの物価 のからくり

キューバの物価 は使用する通貨によって違うようで、キューバには2つの通貨が存在してました。

 

キューバ 2種類の通貨

 

  • 主に観光客が使うCUC(クック)
  • 地元民が使うCUP(ペソ・クバーノ)

 

これらの通貨は固定レートで1CUC=24CUPで両替されています。

わかりやすく言うと、観光客が100円で買うミネラルウォーターを、地元民は4円で買えるということみたいです。

外貨との両替が可能なのはCUCのみで、もちろん悪くないレートで円やUSドルへの逆両替もできました。

今回、メキシコやパナマでキューバ人観光客をたくさん見掛けましたが、彼らにとって海外旅行に行くことは特段ハードルの高いことではないようです。

かつては観光客はCUCしか使えなかったそうですが、現在では法律が変わって僕たちもCUPを使うことが可能になったそうです。

実際にCUPが使えたのかについては後述しますが、キューバに到着していきなり社会主義国全開の異文化体験が出来ちゃいました。

 

お得なキューバでの両替は円またはカナダドルからの二択で決まり

今回僕はメキシコのカンクンからハバナに飛んでキューバに入国しました。

キューバ入国に必要な書類は事前にちゃんと揃えたつもりでしたが、実際に入国するまでは不安でした。キューバ入国に必要な書類と揃え方については下記にまとめましたので、参考にしてみてください。

 

無事に入国した後、まず必要になるのが観光客用通貨のCUCです。ハバナは街中に両替所が多くないと聞いていたので、早速空港の両替所で両替することにしました。

キューバ 両替所

 

後から気づいたのですが、ハバナ市内の多くの5スターホテルのロビーには両替所が入っていて、ぼったくりレートではなく良心的なレートで両替をやってくれていました。

今回僕が宿泊したハバナの5スターホテルについてはこちらにまとめました。価格の割に、お湯もたっぷり出て、先進国の5スターホテルと同じかそれ以上のキモチイイ滞在ができました。コスパ良く快適にキューバに滞在したいという方には本当にオススメです。

なので、滞在中必要なCUCすべてを空港で両替する必要はないようです。

ちなみに、キューバでは噂通りクレジットカードはほとんど使えませんでした。

 

  • キューバではクレジットカードはほとんど使えなかった
  • 空港の両替所と5スターホテルの両替所の併用がベスト

 

何の通貨からCUCに両替するか悩みましたが、よくよく見るとレート的にお得なのは円とカナダドルでした。下記はハバナ空港の両替所に表示されていたレートです。

キューバ 両替所 レート

とりあえず、空港の両替所では5,000円だけ両替して、58CUCをゲットしました。

海外の両替所のレート表記のBUYとかSELLとかっていつも訳が分からなくなりませんか? しかもキューバのレート表記はスペイン語です。僕はいつも混乱するので次回のために下に整理しておきたいと思います。よかったらスクショして役立ててくださいね。

スペイン語 COMPRA VENTA
英語 BUY SELL
日本語 買い 売り

 

日本円の項目を見ると、

COMPRA 116.21826、

VENTA 108.35762

と表示されています。

主語は両替所なので、「この両替所は116.21826円を1CUCで買います」ということです(1CUC=116.21826円)。

USドルからの両替も出来なくはないようです。ですが、USドルからの両替には最初から手数料が上乗せされるので、レート的には他の通貨より不利になるようです。トランプ政権になったアメリカとの関係が微妙な様子が垣間見えました。

円高のときは円からCUCに、カナダドル高のときにはカナダドルからCUCに両替するのが一番お得なようです。

この時まで、CUCから外貨に逆両替するときはレートが悪そうなイメージがあったのですが、実際にはそれほどの開きはないので、多少CUCを余らせても空港で円やドルに戻すことは可能なようです。

 

  • CUCへの両替は日本円かカナダドルからがお得
  • USドルは手数料が掛かるので不利
  • CUCから外貨への逆両替のレートも悪くはない

 

ハバナの空港の両替所は、1階国際線到着ロビーに1箇所、同出口を出た外側に2箇所、また、2階国際線チェックインカウンターの並び(出国審査場の隣)にも2箇所ありました。また、到着ロビーにはATMも置いてあり、CUCをキャッシングすることも可能でした。

ただし、今回、空港の両替所ではCUCからCUPへの両替はできませんでした。空港の全ての両替所で聞いてみましたが、現在は取り扱いがないようです。CUPへの両替は街中の銀行か両替所を使うしかないようです。どうしても空港でCUPが必要な場合は、その辺のキューバ人と交渉するしかなさそうです。

 

キューバ旅行におけるCUCとCUPの実際

ハバナでは基本的にCUCを使うことになりました。

観光客が訪れるレストランや土産物屋、博物館などにあるのはCUCの価格表示ばかりでした。

現地の方も使うパン屋とか食堂みたいな小さな店では、CUP表示かCUPとCUCの併記になっていました。

下の写真はハバナにあった日本食レストラン(というか、日本食の食堂)のメニューです。

キューバ 食事

まさかの「かき揚げぶっかけうどん」とか「カツ丼」とかがあったのは驚きでした。ここ、ハバナですからw。

かき揚げぶっかけうどんは225CUPです。

ですが、僕が何も言わずにチェックすると、9CUCで請求されました。

 

あるパン屋では、同じパンが2CUPと1CUCと表示されていました。

つまり、観光客にとっては100円のパンが、地元民は8円で買えるということです。

 

バックパック一つで世界一周中!みたいなタフな旅人は、交渉に交渉を続けてCUPを使いまくっているようですが、ただの普通の観光客である僕には、キューバという国の事情を考えると、CUPを使いまくるということはできませんでした。

学生時代は空港のベンチで夜を明かす!とかやってましたが、社会人になった今は、ストレスなく旅行したいと思っています。

ボッタクリ相手ならまだしも合法的な観光客用のCUCがある以上、地元民が嫌がる顔を見てまでCUPを使うのは、あまり気持ちのいいものではないのではないかと思いました。

もちろん路線バスなどCUPしか使えない場所もありますし、観光客がCUPを使ってはいけないという法律があるわけではないので、CUPを使うことを否定しているわけではありません。

ただ、キューバでキモチイイ滞在をするなら、無理にCUPを使おうとしないことかな、と思ったりしました。

それが、僕が個人的に感じた現実でした。